●交通安全講習

去る2019年4月4日にかねてより支援を行っている静岡県立大学にて留学生を対象に交通安全講習を行ってきました。

日  時:2019年4月4日(木)16:50〜17:50
場  所:静岡県立大学 一般教育棟2103教室
講習時間:60分
出席者 :県立大学在学留学生33名、IFC15名・県立大学関係者5名(清水学生室長ほか)
      スルガANZEN教育センター2名(講師)
      清水ロータリークラブ8名(片嶺委員長、中嶋次年度委員長、他)
総  数:63名

「講習内容」
① 自転車事故の現況
② リスクテイキングとリスクアボイダンス
③ 危険予測ディスカッション⇒動画を活用
④ 自転車の交通ルールについて
⑤ 自転車の保険加入の必要性について
⑥ 「ANZEN宣言」「事故発生時対処カード」贈呈
日本での生活の日が浅い留学生は、日本の交通ルールや交通文化を知らずに通学や日常生活で自転車を使用しています。事故と無縁の大学生活を行ってもらうことを、清水ロータリークラブの切なる願いとして日本語や英語や韓国語で交通安全講習を行いました。
留学生たちはとても熱心に講習を受けておりました。

●支援金贈呈式


安全運転講習の後、同県立大学内にてIFCサークル支援金贈呈式を行いました。
IFC(International Friend-ship Club)サークルとは、県立大学の留学生と日本人学生との交流を活動に取り組む団体です。そのIFCに交流支援金を贈呈しました。

日 時:2019年4月4日(木)18時10分〜19時10分
場 所:静岡県立大学 はばたき棟地下食堂
出席者:県立大学副学長、学生部長、学生室留学生担当者8名、
     清水RC 8名 佐野会長、木嶋会長エレクト、片嶺国際奉仕委員長 他
     IFC 50名 留学生33名
     総数99名

清水RC佐野会長挨拶の後、たくさんのIFCメンバーが見守る中、佐野会長より県立大学代表:IFC部長へ支援金を贈呈しました。県立大学留学生と日本の大学生たちが、有意義な交流を行うことを清水ロータリークラブとして願っております。