国際奉仕委員会 委員長 柿澤 友也

  1. 「在学留学生」交通安全講習会
  2. 「新入学留学生」交通安全講習会
  3. IFC活動支援金贈呈式
静岡県立大学留学生1.静岡県立大学「在学留学生交通安全講習会」

日  時:2015年12月7日(月)16:200〜17:20
場  所:静岡県立大学 一般教育棟2103教室
講習時間:60分
出席者 :県立大学在学留学生12名、IFC15名・県立大学関係者4名(清水学生室長ほか)
清水署2名(講師)スルガANZEN教育センター3名(講師)
清水ロータリークラブ2名(柿澤委員長、北川副委員長)
総数:38名

静岡県立大学留学生静岡県立大学留学生
「講習内容」
司会(IFC:山本部長)
(1)県立大学周辺における自転車事故発生状況と対策(清水警察署)
(2)県立大学学生の通学状況及び問題点提議(学生部 清水学生室長)
(3)自転車交通規則(スルガANZEN教育センター)
事故が起きた時の対処方法(「事故発生時対処カード」配布)
英会話によるQ&A(司会者:スルガANZEN教育センター)
交通安全宣言書作成(出席者による母国語安全宣言寄せ書き)

 静岡県立大学留学生
2.静岡県立大学「新入学留学生交通安全講習会」

日  時:2016年4月5日(火)17:00〜
場  所:静岡県立大学 一般教育棟2103教室
講習時間:60分
出席者 :県立大学新入学留学生23名(学部生7名、院生16名)IFC3名
県立大学関係者5名(小針学生室長、清水学生室長、留学生担当者3名)
スルガANZEN教育センター3名(講師)
清水ロータリークラブ4名(瀧会長、渡邉会長エレクト、柿澤委員長、北川副委員長)
総数:38名

静岡県立大学留学生

静岡県立大学留学生

「講習内容」
(1)「自転車のルール基本事項紹介」
⇒動画より、交通違反及び安全な乗り方につて、自国との違いなどインタビュー
(2)「県立大学付近の交通状況を交えて、自転車の大事なルール」
(3)「事故遭遇時対処」⇒対処、車両メンテナンス、保険
(4)「Q&A」テーマ:「事故にあってしまったら、どんなことが起こるだろうか?」
(5)「ANZEN宣言」「事故発生時対処カード」贈呈

静岡県立大学留学生3.IFCサークル支援金贈呈式

日 時:2016年4月5日(火)18:10〜19:10
場 所:静岡県立大学 はばたき棟地下食堂
出席者:県立大学鬼頭学長、小針学生部長、学生室留学生担当者4名、
清水RC 瀧会長、渡邉会長エレクト、柿澤国際奉仕委員長、北川副委員長
IFC 20名 留学生23名
総数83名
(1)鬼頭学長挨拶
(2)IFCへの支援金贈呈
清水RC瀧会長挨拶の後、支援金を贈呈(県立大学代表:IFC塙華佳部長)
IFCより、支援金による活動報告及び謝辞
(3)懇親会、新入生自己紹介

静岡県立大学留学生

3年前の清水ロータリークラブ支援学生、ヴァンさん(ベトナム)チュウさん(ミヤンマー)のお二人は
この春より、米山奨学生としてロータリークラブとの関係が継続されます。

静岡県立大学留学生

瀧康晃会長と留学生

瀧康晃会長と留学生

瀧康晃会長

瀧康晃会長

県立大学留学生

県立大学留学生